2016/12/01

名古屋で展示がございます


彫刻の東條明子さんとの二人展のご案内です

***************

ないしょの時間
門倉直子・東條明子 二人展

2016'12.7(wed)-12.13(tue)
10:00-19:30
(Last day -16:00)

松坂屋名古屋店 本館8階
美術画廊
名古屋市中区栄3-16-1


門倉は8号サイズのタブロー10数点を
展示予定です。
(8月の高島屋新宿店からの巡回ですが、
半分以上は新作です)
会期は一週間となっております。
お近くにお越しの際は、
ぜひお立ち寄りください。
よろしくお願いいたします




かにのおどりも、
もちろん展示予定です!





2016/11/30

「気に入りの喫茶店が移転する」ただそれだけ。




今年のゴールデンウィーク頃から
足しげく通っていた喫茶店が移転することになり、
移転前に一度足を運ぶことにしました。

そこで頂く一杯のお茶に惚れてしまい、
他に用のない町で途中下車して、
散歩しながらその喫茶店に向かうのが
楽しみでした。

移転といっても、そう遠くない場所だし、
店が無くなってしまうわけではないし、
悲しむことはないのだけど、
この町で頂く最後の一杯を口にした時、
こみ上げるものがありました。

この店に初めて来たときの自分や
通い始めてしまった時の自分の姿が
頭の中で再生されました。

振り返ると、
「私、あのとき相当堪えていたんだ・・
自分では気づかなかったけど、
無意識に癒しを求めていたのだ」
ということにハタと気付いてしまい、
案外じぶんが弱かったことに愕然として、
泣きそうになりました。(半泣き)

くり返しますが、
店が移転するのが悲しくて
泣きそうになったのではなく、
自分が実は弱くて、癒しを求めて
ここにたどり着いたことに気付いてしまって、
泣きそうになりました。(半泣き)

決して喫茶店好きとかではなく、
ただこのお茶に癒されたかったのです。

きっと、芯から癒されない限り、
(言ってしまえば、内なる子どもが癒えない限り)、
ひたすら喫茶店に
癒しを求める旅を続けることになると。
そして何杯お茶を飲んだところで、
一時的に癒されたとしても、
心は解放されることはないのだと、
やり残している宿題を発見してしまいました。
(感情には時効がないのだそうです)

宿題のことを思い出したら、
今ちょっとだけ内側から癒されている気がします。
やさしい気持ちで居るというか。

そして、
(不思議なんですが、)
誰かの弱さやダメさやわがままを目の当たりにした時、
「この人は私自身だ」ということが、
明確に腑に落ちました。
(この感覚、すっごく不思議で、
森羅万象の神秘を感じるのですが、
まったくもって上手く言葉にできません!)

ひとにやさしくすると、
やさしくした自分自身が一番
奥のほうで癒され、
エネルギーを沸かしているのかも知れません。


表面上は、「気に入りの喫茶店が移転する」、
それだけなのに、
私の内側では、ドラマチックな感情の発見がありました。

大事なことは目には見えない、
サン・テグジュペリの言う通りに。





















2016/11/26

清潔な気持ち








今とても、清潔な気持ちで居ます。





2016/11/25

雲にのりたい




ある行動をとっていると、
必ず頭に浮かぶ歌がありました

雲にのりたい〜
やわかなら雲に〜

女性ボーカルの優しい声で
確か私が幼小のころ、
お昼頃やっていたドラマのテーマ曲で
聴いていたような気がします。
もちろんドラマの内容もまったく覚えてないです。

なぜこの歌が、ある行動を伴うと頭の中で流れ出すのか、
ずっと不思議に思っていて、
この歌について調べてみました。
(ネットで幾らでも検索出来るのに、
やっと調べることを思い付きました)


歌詞を見つけて、
ああこれだ!!と感激しました。

「雲にのりたい」歌詞
http://www.uta-net.com/movie/1698/



1969年頃に発売
黛ジュン(まゆずみ じゅん)さんが歌っていました。


黛ジュンさんは濃厚な独特な歌い方で、
私が聴いていたのとは違う気がしました。

追って調べたところ、
長山洋子さんの歌う「雲にのりたい」で間違いなさそうです。
少し高めのキーで、優しくさみしい感じの歌い方です。


この歌は、
「恋人といても誰といても、ひとり」
という女性の孤独感を表現していると思うのですが、
これは、私がこの人生で幼少期から
ずっと緩やかに感じ続けていることだと腑に落ちました。
(私だけではなく、おそらく多くの男女が感じている感覚と
想像しますがいかがてしょうか)



雲にのりたい、
やわかなら雲に


女性の心情が見事に表現されている歌だと、感じ入ります。
小さな子供の心にも、歌詞の意味など分からなくても
響き続けた一曲です。

You Tube の貼り方がわからないのがくやまれます。
(どうぞ検索なさってください!)
















2016/11/24

身ィひとつ





確かにそれは、私が過去に発した言葉ではあるけれど、
今現在はちょっと違うかも。

そうじゃないんだけどなあ~!

だけども、都合の良い誤解もあるような。
あとは作品を見てくださるひとの感性にお任せして、
作品のいくつかを読み解いてくれるのなら有難いことこの上なしです。




今日は雪の中、作品の納品に行ってまいりました。
DMも出来上がってきましたので、近々お送りできれば。

ふと「身ィひとつなんだなあ」と、帰り道に思いました。








2016/11/18

作品:12才




before












after




title:12才  twelve
size:P8 (455x333mm)
material: oil on canvas
year: 2016



直す前もわるくなかった、、と直してから気が付きました、、。
名古屋でお会いしましょう









2016/11/16

酉の市







花園神社は異世界の雰囲気でした。